ペーパーレスへの道

大学のコンピューターシステムが新しくなったのだけど、複合機のスキャナの性能が思いの外良い。非常勤先で使っている教科書をフルカラースキャンしたら、めちゃくちゃ綺麗だった。しかもデフォルトでOCR対応。神か。

元々レジュメ・論文の類は、授業の場を除けば紙であることの必要性がそれほど高くないと思っていて(むしろ荷物になる、紛失する、置いてくるなどのリスクが出てくる)、以前から積極的にスキャンしてペーパーレス化に努めてきた。しかしこれからは繰り返し参照する書籍でかさばるもの・重いものについては、使う部分だけ積極的に電子化していくのもありかなと。特に洋書は重くなくても、辞書を引き引き読むには冊子の形は厳しいので、スキャンして印刷するのが良いかもしれない。ただでさえ洋書は読む時の心のハードルが高いのだから、そんな些細なハードルでも下げるに越したことはなさそう。

スキャンするともろもろのコストは下がるのだけど、そしたらKindleの出番はいづこって感じもする。Kindleの洋書は充実しているし、Kindle本体が軽くて辞書付きで、読む上での心のハードルはこれ以上ないくらい低いのだけど、しかしいかんせん中古市場はないし価格があまりにも高いのだよなあ。ぬーん。

脱・ギリギリ(時間的な意味で)

締め切りに追われてギリギリで物事をこなす習性が、主に高校生の頃からついてしまっていたのだけど、そろそろ一念発起して決別しようかと思う。いつでも完璧にギリギリのタイミングを逆算出来るならともかく、結局は自分の「やばい」という感覚との折衝でしかないわけで、普通に事故ったら時間切れを起こしそう(というか起こしかけた)。そして年々「やばい」という感覚で駆動するタイミングが遅く、鈍くなってきている気がして危うさを感じてきている。実際「やばい」からやるのは、(少なくとも自分にとっては)それほど気持ちの良いことではない。ギリギリでこなす爽快感なんて言ってられる年でももうない。

しかも自分はいつでも締め切り前に追い込んでばかりいるかというとそうでもなくて、例えば事務的な作業とかすぐに取り掛かれるものは比較的後回しにしない性格である自覚がある。メールを送る/返す用事は結構さくっとこなしてしまう。発表の準備もものによっては前々からあらかじめ準備するし、修論はもちろん正月に全て書いたわけではない。だったらそれをもっと普遍的に適用すべきだよねという話。

まあ早ければいいってもんでもないけど、文献を読むことを始め、ペースはゆっくりでもいいから早め早めに取り掛かるようにしようと思う。板につけばそれなりのパフォーマンスを早い段階で発揮して余裕を持ってもろもろに取り組めるようになるかもしれんし……。さすがにそれは楽観か?w

アイデンティティ論

今年度は仕事の比重が昨年度よりも減ったこともあって、院生らしい忙しさを享受できている気がする。

2年ぶりに月曜日に比教社のゼミに出ていて、アイデンティティ論について色々読む機会を得ている。自分の研究もアイデンティティに関心が近いので、勉強になることは多い。今日予習で読んだものは、集団的アイデンティティと個人的アイデンティティの問題にまつわるものだったが、一元化するのもおかしいし分断するのもおかしいということで難しいところ。しかし自分が授業を見る上でも気をつけなくてはならないと思うので、自分の関心に惹きつけつつもう少し自身の中で咀嚼して消化したいなあと思った。

火曜日はこれまた2年ぶりに事例研究を履修しているのだけど、ちょっとやっぱりM1の頃とは違った感じで授業について考えられるようになっているような気がする(成長が全くなくても困るけど……)。この授業の一環としてものはもちろん、時間的余裕を活用する形で、今年は積極的に授業実践に足を運ぶことを心がけていきたいし、アウトプットも出来る機会でしていきたい所存。

久々にゼミ

M2は論文指導しか履修していなかったので、1年強ぶりのゼミに出席。「あーこれがゼミですよー」というM1並の感想を持ったD1がここにいます。

発表したい文献にこだわりがなく見守っていたら、来週しか空きがなくなったので来週発表になってしまった。まあ4月病のうちに片付けてしまえっていう神の思し召しですな(適当)。

後半は他のコースのドクターの先輩の報告だったのだけど、M1の時よりも話が分かるようになってはいる気がする(分からなくなっていたらまずいでしょ)。「教育学固有の論理」の隘路みたいなのは、ちょくちょく周りでも話題としては見たけどきちんと整理して考えたことがなかったので結構勉強になった。最近堀尾教育学のあらまし(展開と批判)を知ったのだけど、教育学全体の沿革をもっと知っておかなければなあと思うこの頃。広田先生の本とか読んでみよう。

よなよな

Kindleで洋書文献を読みたいと思いつつ、諸事情でクレカを持てないのでどうにも活用出来ずにいたのだけど、Amazonギフト券のチャージタイプがATM払いなどに対応したっぽい。これで現金をAmazonギフト券に変えて購入出来ますなあ。特に英語文献は積極的にKindle使っていこう。

あと大学のアドレスでGoogleグループにログイン出来ないの不便だなーと思っていたけど、大学のアドレスでGoogleアカウントを作ればいいだけの話だった。これからはメーリスとかはGoogleグループで作ってしまうと楽そう。

今日(もう昨日だけど)は主に論文を読んでいたのだけど、ナラティブ・アプローチってあんまり今まで考えて来なかったなあと。関連する研究をもう一度見直しつつ、この1・2週間でこの先の研究構想の案を少し改めて考えてみたいところ。

本腰入れましょうね

昨日は大学院進学ガイダンス。新しい指導教員と初対面。めっちゃバイタリティあふれる感じの人で圧倒されっぱだった。やっぱり要求水準も格段に高まっていくなあと思った。とりあえず当面の目標は、7月に香川で発表すること。修論の理論面に関するところを改めてふくらませていきたい。

今日は職場の年度初めのもろもろ。忙しい一日だったけど、非常勤も学校の一員としてきちんと扱ってくださる点は頭が上がらない。あとお弁当美味しかった。今年はかなり時間割がいい感じで、大学に行く時間も結構取れそうな印象。フィールド開拓を進めるのと、少し授業も頑張って(=コースワーク以外のものも)取ってみようかなあ。

年度明けまして

おめでとうございます?今年度も頑張ります。

2015年度最後の日はよくしゃべった一日でした。新しくM1として入って来られる方とランチ&お茶。勤務先も春休みということで最近人と話す機会がなかったので、楽しかったです。同期との別れは寂しいですが、また新しい人たちが入ってくるのも良いことですね。

学年が変わるので、また少しずつ自分の役割も変わっていくのかなあと思いますし、変わらなきゃなあと思います。まあでもいきなり変わるもんでもないでしょうし、また一日ずつ頑張っていくしかないですねー。というわけで長い3年間の1年目のスタートです。