ペーパーレスへの道

大学のコンピューターシステムが新しくなったのだけど、複合機のスキャナの性能が思いの外良い。非常勤先で使っている教科書をフルカラースキャンしたら、めちゃくちゃ綺麗だった。しかもデフォルトでOCR対応。神か。

元々レジュメ・論文の類は、授業の場を除けば紙であることの必要性がそれほど高くないと思っていて(むしろ荷物になる、紛失する、置いてくるなどのリスクが出てくる)、以前から積極的にスキャンしてペーパーレス化に努めてきた。しかしこれからは繰り返し参照する書籍でかさばるもの・重いものについては、使う部分だけ積極的に電子化していくのもありかなと。特に洋書は重くなくても、辞書を引き引き読むには冊子の形は厳しいので、スキャンして印刷するのが良いかもしれない。ただでさえ洋書は読む時の心のハードルが高いのだから、そんな些細なハードルでも下げるに越したことはなさそう。

スキャンするともろもろのコストは下がるのだけど、そしたらKindleの出番はいづこって感じもする。Kindleの洋書は充実しているし、Kindle本体が軽くて辞書付きで、読む上での心のハードルはこれ以上ないくらい低いのだけど、しかしいかんせん中古市場はないし価格があまりにも高いのだよなあ。ぬーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">