あんなにも盛大に迎えた2008がもう

あと1時間ちょっとで2008年も半分が終わりますねー。
あーあ、あと半年で受験生か。どんどん近づいてって、何だかよく分からないまま通り過ぎていくのだろうか。
それは、浪人といいます。

模試返ってくるよねー。夏休みきちんと勉強しないとー。

今日買うもの

山川の「世界史B用語集」。

日本史の方の用語集は先輩から譲り受けてたんだけど、だんだんと世界史の方も欲しくなってきちゃってねー。特に近代はマクロな目で見なきゃいけない要素が多い気がするんだよね。

これで日本史の授業が更に楽しくなるに違いない!

SOTTE BOSSE

前から「やさしさに包まれたなら」とかで知ってましたけどねー。知り合いから「One more time,one more chance」の方を教えてもらって、非常に興味を持った。

前から言ってますけど、僕はカバー専用歌手(ユニット)はあってしかるべきだと思いますよ。編曲も含めて。そういう意味ではいきものがかりのカップリングに入っているカバーは、編曲も含めて非常に面白いから、もっとやってほしいなー。

ここに置いておくのは、「秒速5センチメートル」versionです。

うーむ

今日色々考えていたのは、気付かないうちに、自分はネットのヘビーユーザーになっているんじゃないかということ。
別に悪いとは思っていなくて、というかむしろ嬉しいくらい。
まあその分コストがかかるのも明らかなわけで・・・よし、色々始める時がきた。

でまあ

死因分析するか。

18:00過ぎ 帰宅

19:00~20:00 テレビ見ながらgdgd。こういう日に限っていつも見ないテレビがクソ面白いwww

20:00~21:30 それでも親が用事から帰ってこないので、ひたすらBMS。

21:30~23:00 ネットサーフィン。音ゲー関係の調べこと。これがまたry

23:00 遅い飯。

23:30 一太郎起動。

1:00 気付いたら寝ていたので、仮眠に入る。

3:10 起きる。寝る。

3:30 起きる。ブラウザを閉じる。BGMかけて作業開始。

ある意味物理の時よりひどい・・・。

ただいまの戦況

まずね、始めた時間があばばばばばばだった。
敗因はね、一太郎を起動したのが日付が変わry

しかもその後眠気に負けて仮眠したりとか。1時過ぎから3時半まで。
というわけで、マルゴマルマル、要約書き終えました。
これからマルロクマルマルに向けて、考察を仕上げる任務に入る。勝負の1時間である。

これだけは言っておく

パチンコの宣伝で流れている「夏祭り」。もうそんな季節ですね。
ですがまあ分かると思いますが、巷でよく聞くWhiteberryのバージョンじゃないわけで。
「あー、カバーかな?」
と思ったら、それは大きな間違いです。

というのは・・・Whiteberryの「夏祭り」はカバー曲なんです。豪勢に浴衣でPV撮っちゃってますが、実際はカバー曲なんです。原曲は今から20年近く前の1990年、JITTERIN’JINNの4th シングル「夏祭り」。で、注意深く見ると分かりますが、あのCMはJITTERIN’JINNバージョン。つまりあそこで流れているのは原曲なわけです。

まあ残念なのは、少し冴えないところでしょうか・・・やっぱりWhiteberryのインパクトは大きかったんでしょうという小話。
90年代J-POP部をTwitter部で立ち上げておきながら、そんな意外な話を知らず、教えてもらって非常に驚きました。

ひょー

体調がやばくて、今朝は遅刻を選択。てなわけで1限の現社は欠課。週2だから気を付けないといけないんだけど、まあでも残り授業数少ないから大丈夫か。

これから帰宅して現社レポやるわけだけど、「言葉狩り」をテーマにしたレポートをいつかやってみたいなと思ったり。まあ今回のは今回のでやりますけど。

全校の先頭育成日記 その1

いよいよ今年の試練が始まります。

まずは手袋とホイッスルの購入をお願いするところから。
でも手袋はあれで伝わったかな・・・なかったらやはり横浜まで出向かなきゃいけなかったりするのかな。
曲練の棒を叩くのを戸惑っていたようだけど、一応あの処置は曲を決めたのは高1だから、という認識のつもり。僕が、というより58期や今までの高2のね。さすがに緊張はしてなさそうだったか。

出来たらやっぱり土曜から指導するべきだろうね。とすると、追っ払い練習の間を縫うような形?
次回、まずは棒の構え方と基本動作からか。

ミラクル!ミラクル!

3.14kbが知らないとか言ってたけど。

「Say Yeah! もっとミラクルナイト」は、正直モー娘。最盛期です。
辻加護が大人しく、ゴマキがいて、まさに1人1人輝いた素晴らしい1曲。

というわけで、終業式にはこの曲を3.14kbに知らしめるなどしていきたいと思う。今度こそおやすみ。

子どもを公立に預けるな・・・?

で、現社レポを書く前のアイデア草稿としてここに書いて置くけど。

僕が読んだのはこれ
著者の和田氏を知らないなんてことは当然あるはずもなく、小学生の頃親が持ってた勉強法の本などを見て、面白いなと思って読んだ。

でまあこの本、「子どもを公立にry」を読んでみた。最近割と興味のある事柄だったしね。
しかし・・・あまりにも展開が無理矢理過ぎる。肩入れのあまり、両方のサポートが足りないというか、自分の立場から動かないで論理を進めているというか。確かに後で反論する気はあったので、批判の取っかかりは探していたが・・・そうでなくとも、よっぽど純粋なキラキラした目で見ない限り、どこか腑に落ちない所ばかりだ。おまけにページ数と文字数・サイズのせいか、受験アドバイス書としても中途半端で、だったら首つっこまなきゃいいのに、みたいな後味が残っている。

という感想を大まかには持ったんだけど、明日一日でまとめられるかな・・・おやすみ。

なんと

現社の本を読み終えてしまった。200ページくらいの本なんだけどね、行きの電車と倫理の自習時間に読んでいたら、帰りの電車の最初の10分程度で読み終えてしまった。

てなわけで要約くらいやるかな・・・。

うう

今日は学校を欠席。朝9度あったので。
小さい個人医院行ったら、何かよく分からんが1時間待たされる始末。疲れた・・・。

とりあえず抗生物質もらったからよしとしよう。引き続き養生するなどする。