10/30

何一つ生産的なことをしなかった・・・・・。フラ語の問題集大学に置いて来ちゃったし、かるたも台風で電車止まって行けなかったし。
まあ月曜2限以降休講になったら色々やればよいか・・・・・。

明日は早慶戦見に行きます。中止にならないといいんだけど。朝早い。

フリーター、家を買う。 2話感想

ようやく追いついた。

誠治も父親もどうしようもないクズに見えるけど、それでもやっぱり結局人を救うのは愛されているということなんだなーと。まあ今回残った問題は次回からまた片付けていくことになるんでしょう。新たなスタートを踏み出しましたね。あとやっぱり香里奈可愛い。最後の方結構涙腺ゆるんだ。

10/29

1限社会学は逸脱の話。規範によって逸脱は違うってこと、まあ絶対の正義がないのと同じね。2限数学の時間に、一緒にいつも授業を受けているクラスの女の子からハロウィンのお菓子の詰め合わせをプレゼントされてしまった。お返しに?といってはなんだけど、授業中寒そうにしていたので、ひざかけとしてジャンパーを渡してあげた。3限は情報処理。例によって何やったんだが。4限論理学は述語論理の証明論。命題論理の頃が懐かしい。あとフランシス先生は授業中にいきなりセックスとか言うのやめて下さい。

かるたは3本。でもあんまり調子が良くなかった。上手く体が飛び出してくれなかった。落ち込みかけたけど、文学部の先輩に少し元気をもらえた。成長するタイミングはみんな違うし、何より半年しかやってないんだから泣き言を言うには早すぎる。また明日頑張ろう。

10/28

2限刑法は正当防衛最終回。自招侵害と過剰防衛と過剰誤想防衛あたり。3限フラ語は接続法の続き。やっぱりえぐいな。その後は鯛焼きを生協で温めて食べ、藤山でkbと会って少しネットをした後、バイトに向かった。

もう10月も終わり。でもすごく寒いし、雨もなかなか・・・・・。

瀬尾まいこ「幸福な食卓」

今日借りてきたのにもう読み終わってしまった。

最初の方は、なんだありきたりかそれ以上に陳腐な恋愛小説かちくしょうと思ったのですが、最後の最後で大どんでん返しでした。そしてこの小説は決して恋愛小説なのではなく、家族を描いた小説だったんだってことに改めて気付かされます。

大浦くんの存在は佐和子の中でとても大きく、彼女自身家族なんかよりも大事な存在だって思ってしまっている節があったけど、むしろ家族の代わりこそいないんだってことを伝えたヨシコのシーンは印象的だったし、それを受け止めて12個のシュークリームを食べる佐和子っていうのもギャグ混じりだとはいえ、前に進むんだなという感じがした。最後の大浦くんの弟との別れのシーンもまた印象的だ。佐和子の印象は良くなかったけど、むしろヨシコの方が家族らしさを備えてる気がするな。最後まで「幸福な食卓」というタイトルにピンと来るとはないんだけど、それは幸福の定義が難しいのと同じで、やっぱり難しいんだろうなと思う。

うーん、でも結構量と語り口の割にはずしっとした小説でした。久々にうるっと来た。北乃きい主演の映画版も見てみたいな。借りてこようかな。

10/27

すごい寒い一日でした。でもジャンパーを着たのはやりすぎでした。複数人に「お前は東北にでも行くのか」と言われました。

1限法学はいよいよ法学本番の内容へ。やっぱり面白いね。民法は休講。部室でフラ語の単語を覚えたり、寝たり。フラ語は接続法。えぐいっす。

珍しく放課後の部室は人がいなかった。一人でシュークリームとフルーツオレを堪能していたら理工のやつが来た。ちょっと話して割とまっすぐ帰った。

森見登美彦「四畳半神話大系」

アニメ化もされた有名な作品。パラレルワールド物を読んだのは実は初めてかもしれない。
一言で言うと、かなり面白かったです。
夜は短し、の時あんまり面白いと思わなかったので、あんまり期待してなかっただけに、結構衝撃的でした。

どのサークルを選んでも小津と友人になり、明石さんと結ばれるという運命は、幸か不幸かはともかくとして、実は結構自分たちについても言えるのかなーとか思ったりします。選択が違えば、微妙にストーリーは違うけど、それでも案外変わらない部分って結構あるもんなんだなって。

最後主人公が気付くのも良かった。丸々コピー話だったらやっぱりそういうことに気がつかないまま終わるのかなーと思ってた。
アニメも興味出てきたなー。

10/25

1限プレゼンもまあ何とか無事に終わった。でも次回からグループでプレゼン作成ですって、詰みましたね。2限は8課に進んだ。関係代名詞と強調構文。関係代名詞って、英語の時機械的につなげたのは、既に中2でそこそこ英文の意味が取れるようになっていたからであって、今このフラ語力で関係代名詞で一文にするのって結構難しいんだなと感じた。あとランボーの「SENSATION」という詩の紹介。初めて官能的というものを、体感した気がする。

空きの3限は仏検の勉強。時制は一通り終わった。でもやっぱり接続法えぐいっす。4限は英語。訳はともかく、スピーチちょっとひどかったなあ。月1の授業ではキーワードで話をわからせるというのを実践したい。4限の後は部室で1女と話したり。1女たちが女子会に行った後は、仏検の勉強の続きで、代名詞を中盤くらいまで進めた。結構目的語の代名詞がボロボロで泣ける。7時過ぎに理工の先輩と一緒に部室を出て帰った。

10/23

まずは日吉でかるたの朝練。武蔵小杉まで寝過ごしたり、腹痛起こしたりした*1が、頑張って和室まで這って2本取った。2本目勝てなくて悔しかった。大山札、最後は一字決まりだと思って払うのが良いとアドバイスされたので気をつけたい。

日吉でカレーを食べてから、三田へ。授業を受けた後また日吉に戻ってまた2本。2本目(累計4本目)は会長とだったわけだけど、またしても出が悪かった。でも出が悪い中でも出来る取りはあるはずだと思って、暗記と余韻の集中に努めたら結構いい感じの試合になった。あとは昨日理工の先輩に言われた「良い意味での緊張感」を持つ癖を付けたいところ。

晩ご飯は食べずにまっすぐ帰宅。四畳半も2章まで読み終わった。
明日はフラ語のお勉強したり、服を買ったり、英語の訳作ったりしたい。来週もう早慶戦なんだね。

  1. 考えてみれば先週の土曜とパターンがすごく似ている [元リンク]

10/22

般教の日。1限社会学は割と眠気に負けかけてた。2限はきちんと聞いてた。3限はいつも通りゆるかった。行列の勉強してた。あとRって面白いから家でもインスコしちゃった。4限論理学はまあ前回の続きみたいな。

かるたは3本。2本は1年生と、最後の1本は久々に理工の先輩と。結構緊張感を持って取ることが出来て良かったと思う。

シアター!

最近有川浩の作品がどんどん文庫本化してるせいで、この作品もてっきりハードカバーから文庫本化されたものと思ってたらなんか書き下ろしっぽいだと言うことをようやく知りまして、読んだ次第です。

劇団っていう設定は確かに珍しいなーと思いましたが、この頃はフリーターだのおっさんだの植物図鑑だの、むしろ軍隊もの?の比率が下がってきているので、それ自体はおかしなことでもないですね。話自体は面白かったです。ちょっと登場人物が多くて、男性陣の把握に困惑したくらい。

結末はぶっちゃけ微妙に感じました。ただそれを差し引いても、司と巧の信頼関係、司とシアターフラッグの信頼関係は読んでいて小気味良かったです。どうやら1月に舞台になるらしく、その頃を見計らって続編鋭意執筆中とのことで、是非とも楽しみに待とうと思っております。

10/20

フルコマの日。1限法学は陪審員・参審制の話。裁判員制度よりも参審制の方が個人的には好き。2限民法は代理の制限(自己代理・双方代理、それに類するものの禁止)や代理権の消滅・委任の解除の話。3限フラ語は問題演習。4限文学・5限フラ語はいつも通りな感じ。

5限の後は部室ではるさめヌードル食べたりしてた。ポップンやったり。その後文学部の子が来たのでちょっと話して帰った。

10/19

憲法と卓球の日。昼休みは相変わらずkbがぶっ飛んでた。なんだかんだでテンション低かった1日。

バイト早く終わると見積もっていたけど、むしろ普段より遅かった。かるた取れなかった。でもフリーター見られたからまあよしとした。

フリーター、家を買う。 1話感想

うひゃー、えぐるね。えぐるえぐる。文系大学生の末路がこれだよ!!!!

とまあ嘘は言ってないのですが、モテキが現在進行形で文系草食大学生をえぐるのに対して、この「フリーター、家を買う。」は未来形で文系大学生をえぐりますね。お母さんの「ごめんなさいごめんなさい今日も死ねませんでした」のシーンがトラウマ。ライフを思い出すなあ。

なんか次回予告まで救いがなさそうな感じで完璧ですね。有川浩ファンとして見守っていきたいと思います。

10/18

語学の日。1限英語プレゼン。珍しく準備が出来ていたのに、相変わらず発表の順番が回ってこないという。

2限フラ語はdialogと衣類用語だけ。次回からプリントの演習。半過去と代名動詞怖い。
空きの3限は文学部の子とかるた取った。ちょっとあっちが調子悪かったみたい。あと自分って、決まり字全部聞いてから飛び出すタイプなのね。

4限英語はリスニングとかで結構忙しかった記憶。4限のあと珍しく部室に人がいなかったので、ちょっと寝たあと横浜に向かってハンズで買い物をしてから、戸塚のカラ鉄でヒトカラ。体育祭の打ち上げの時のボウリングでもらった割引クーポンもしっかり使えましたとさ。

10/17

昼過ぎに起きて仏検の勉強。基本表現と時制の大部分を終わらせた。残るは、接続法現在と条件法現在とジェロンディフ。でもまだ代名詞とかもあるしまだまだ気は抜けないですね。基本語彙と基本表現は早めに頭にたたき込まないと。

久々に勉強に結構時間を割けたので良かった。週2日くらいこういう日があるとずいぶん違うんだろうなと思う。

10/16

それはそれはひどい一日だった。

朝起きてから頭痛がひどい。朝飯を食べて朝練に向かうも、電車の中でも激しい頭痛に苦しむ。横浜で乗り換えようとしたら吐き気をもよおして、清掃中の中個室を開けてもらって吐く始末。30分くらい横浜で身動きが取れなかった。入学したての頃の神経病みかけてた頃が思い出させられる。

その後電車に乗ったら、今度は吐いた疲れで武蔵小杉まで寝過ごす。折り返して戻ってきて和室に着いたらヘトヘトで、しかも朝練の相手はまだ来ていない。30分くらい和室で倒れていたがいっこうに体調が良くなる気配がなかったので、部室に撤退してノックアウト状態。12時半頃に生協に向かってウィダーを買う。固形物は食べたら吐きそうで怖くて買えなかった。ウィダー片手に目黒線に乗り込んで三田へ向かう。

授業中もイマイチ頭の回転が良くない、というか5分の1くらいしか頭が働いてなかった気がする。授業は早めに終わった。せっかくだからかるた行きたかったのだけど、この体調で取ってもしょうがないだろうから大人しく三田ではなく田町の方に向かって家に帰った。

今は割と安定しています。明日はフラ語の勉強をしよう。おやすみなさい。

それでも町は廻っている 第2話 感想

ユキコの声とクリーニング屋の声はハマってる。松田巡査が結構微妙。結構年は若いはずだから、もう少し若い声の方がいいんじゃないかなあ。迫力はあんな感じでいいと思うけど。

遠くに嫁行ったら寂しくなるなーのセリフが案外あっさりしてるなーとか思った。
原作を壊さないように忠実なのはいいと思うんだけど、でもやっぱり漫画だと良かったシーンも間とかが変わって来ちゃうからちょっと微妙に感じられる。今回の後半のエピソードなんかは結構原作は好きなんだけど・・・・・どうしたらいいんだろうね。

10/15

般教の日。1限社会学は大衆の話。2限数学は民主主義の話の続き。3限情報処理は・・・・・例によってよく分からない。4限論理学は授業スピードがやや遅く感じた。名前覚えられたっぽい。

かるたは3本。1本目お手つきと流れの悪さで大束弱負けしたかと思ったら、初めて1男のもう片割れに勝つことが出来て、すごい収穫のあった1日。もっともっと頑張りたいなあ。明日も朝練する。

スープ・オペラ

一昨日ようやく読み終わりました。なんだかんだで1週間かかった。塾員・阿川佐和子の著書。
といってもそういう関係で読んだわけではなく、坂井真紀主演で映画化してるので読みました。

まあなかなか僕らの考えからかけ離れた本なので難しいものではありましたが・・・・・ただまあ平和に穏やかにやっていくように努力する?みたいなところで、それ町と似たようなものを少し感じました。というかこんなに壮大な話なのに、よく映画化出来たなあ・・・・・細かい話をす飛ばせば、そんなに長い話でもないっちゃないけどさ。

最近電車の行き帰りに本を読むのがプチマイブームになっています。この先は、シアター!→四畳半→ブレイブストーリーみたいな感じで進んでいこうかと思っています。

10/14

2限の刑法は、正当防衛の続きで、防衛行為の必要性・相当性、第三者との関係における3類型。授業が相変わらず面白い。後輩を慶應に忍び込ませるなら、刑法に連れていって楽しませたい。

3限フラ語は、所有代名詞と中性代名詞le。てか何気にこれで7課終わりじゃないですか・・・・・早い。
クラステストに向けてまた演習プリントが出るだろうから、仏検の対策にも役立てたい。

10/13

フルコマの日。法学はいつも以上に修行で、民法は割と楽だった。フラ語は比較級と最上級。でも単純未来すらも危ない。
5限の後は割と早く部室を出たんだけど、東急avenueで本探してたら結構時間食いました。結局シアター!と四畳半神話大系買いました。
本当は「勝手にふるえてろ」も欲しかったんだけどね。

仏検の出願しなきゃ・・・・・。

フラ語の動詞の活用のまとめみたいな

  • avoir
  • etre

-er

  • 第1群規則動詞*1
  • aller

-ir

  • 第2群規則動詞
  • partir型(-tir、-mir、-vir)
  • offrir型(隠れ第1群規則動詞)
  • venir型(tenirその他派生語)
  • courir型(courirとその派生語)
  • mourir

-re

  • dire、redire
  • faire型(faireとその派生語)
  • attendre型(-endre、-andre、-ondre、-rdre)
  • prendre型(prendreとその派生語)
  • craindre型(-aindre、-oindre、-eindre)
  • mettre型(mettre、battreとそれらの派生語)
  • connaitre型(-aitre)
  • conduire型(-uire)
  • boire
  • croire
  • ecrire
  • lire、relire
  • vivre、survivre
  • suivre、poursuivre
  • plaire、deplare
  • rire、sourire
  • conclure型

-oir

  • voir型
  • savoir
  • devoir
  • apercevoir型
  • pouvoir
  • vouloir
  • falloir(非人称)
  • pleuvoir(非人称)

なんで作ったか?
→仏検を受けるにあたって、残ってる動詞の活用を把握したかったのと、今まで習った活用がどのくらい応用出来るものなのかを知りたかったから。太字が未習の活用パターンです。

思ったこと:re動詞やべえ・・・・・。

  1. アクサンが付くacheter型、子音字を重ねるappeler型、アクサン変形preferer型、yの分解envoyer型 [元リンク]

10/12

1限憲法。始まった時間が早く、授業ペースいつもより速かったように思われたのに、何故か終了時間はいつもより遅いミステリー。卓球はのんびりな感じで、昼休みはkbの童貞こじらせた話をずっと聞いてました。昼休みは部室で女子とだべったりしつつごろごろしてた。あとはバイト。終わり。