夏休みが

一応来ました。

うへえ、なんかまた仕事をこなしても2個仕事が降ってくる状態になっている・・・・・就活とか全く手が回らないので人生詰んだうっひょーい。

あ、携帯見つかりました。でもロック解除してないのでただの細長い手鏡です。

いやー

16人の共同研究ってやっぱり大変なんだな。もっともっと意識を共有しなきゃですね。
国際法の試験が終わったので、試験は終わり。もうキャンパスもゼミの用事以外では足を運びません。あとは国際宇宙私法のレポートのみ……。

Subsonic

関連の記事ってあんまりないなと思ったので、うちのブログで率先して取り上げて行きますか?

Subsonicには最近取り込んだCDとボカロを放り込んでいます。iPadからはiSubで再生。まさにユビキタス?な感じ。ブラウザから再生出来るというのは環境を選ばないという点では良いと思うけど、家では出来ればプレイリストか何かを作ってWinampから再生出来るようにしたいな。

特定の誰かとかではなく

自分の周りの人間ほぼ全員に言えることだと思うのですが、人のプラスの面や努力している面を評価することより先に、ミスや失敗や不備などを叩くような体質はよほど意識して治さないと、僕個人の感情がどうとかは本当に関係なくカタストロフィを招くと強く思うこの頃です。僕個人はまだ色々報われているし守られている方だと思うのでいいんですけどね。

特定の誰かがそういう体質なら、その人を叩くなり改善要求すればいい話で済むかも知れませんが、大多数の人がそういう体質でいてそれでもってその組織が成り立っているとすると、負担が集中している人は嫌になって来るし、誰もが自分のことを棚に上げて話すようになってそのうち成り立たなくなるのではないかと思います。幸か不幸か、そういった「そのうち」のスパンは結構長いので、僕がその組織から抜ける方が早くなってしまう可能性が高いのですが。

「自分に甘く、人にも甘く」みたいな自分のポリシーが世の中でまかり通ったらたまらないと思うんだけど、それ以上に「自分に甘く、人に厳しく」で世の中があふれかえったらさぞ生きづらいんでしょうな。

組織として

高校の部活のOB会の委員長やっていた時に意識していたのは、何もしなくても現役生はOBに気を遣うわけで、OBとしてはそれに対して気を遣ってあげなきゃなということ。だからずっと現役生にぺこぺこしてたし、あくまで現役が主役ですよってことは口うるさく言ってきたつもりだった。

まあそういう問題は大学入る前に色んなところで経験してきているので、そういう「遠慮」がし合えるようになっていきたいなと思う。まあ結構打ち上げに顔出して、高校生と一緒に騒いでいるあたり、そういうOBとして見てもらえているのかは微妙だけど・・・・・w

まあでも中学生を見ると、どうしても「最近の若い者は」みたいな感じを覚えてしまうのは年を取ったからかね。サークルの1年生を見てもたまに思うし、逆にOBOGさんや大学の先生などでそういう感じのことをおっしゃっている方を見ても、昔ほど抵抗はなくなった気がするな。

組織を支援することってリターンなしでは成り立たないわけで、リターンが過大になるような支援の仕方は、いくら「支援」でも良くないなと思う。まさに<贈与のパラドックス>になってしまうと思うんだよね。反贈与性がない贈与ってやっぱり究極にはないわけで。まあでもなかなか大きい組織ほどそういうのは上手く行かないですね。

7/13

社会福祉施設での5日間の介護等体験が終わりました。

詳しくは今週末にまた書きます。とかいって時かけのレビューもしていないわけですが。

あ、そうそう、サークルの同期の誕生日に気付いていたのに忙しすぎてメール送れませんでした。申し訳ない。

7/9

もう7月の3分の1が終わろうとしていますね・・・・・。

介護等体験1日目を終えました。午前が小6の授業見学、午後が中1の授業見学、放課後が野球部の練習の見学でした。先生たちは心が広く、とても柔軟に対応する人たちだなという印象でした。子どもたちも言葉は時折過激ではありますが、根から不真面目な子は今日に関して言えばいなかったかなと思います。

ただまあ施設といっても分校でもあるので、普通に学校みたいな感じで、教育実習の練習になっている感じがします。教育実習はこの3倍の日程で授業もこなすわけですから、先が思いやられますね。慣れない場所に身を置いているので、授業見学しかしていないのにどっと疲れました。明日と明後日の農作業も頑張ります。

教職で

もっと友人が出来たらいいのになと思うこの頃。顔見知りがどんどん増えていくもので・・・・・。
ただ焦って積極的に動く必要もないかなあとも思うのです。何故かというと、まあこの間のゼミ説で人の縁みたいなものを実感したので。またそのうちきちんと書きます。

明日から大学をお休みして、教職介護等体験で5日間の社会福祉施設体験に行きます。良い体験と出来るように頑張ろう。

7/4

ケンタッキーのチキン食べ放題とかあったようだけど、時間的に縁がありませんでした。そもそもチキンがチキン食べるのもおかしな話だしな。

昼休みのゼミ説はめっさ緊張した。人多いよ……。あとあの中に58期がいたとは。

4限のあとは彼女さんと食堂でだべったり。久々に話せて良かった。

7/2

授業の前に細菌検査のために保健所へ。結構歩くのには慣れているはずなんだけど、2限受ける前から結構へとへと。というか検便って大変ね……特別支援施設行く時もまたやらなきゃいかんのかね。

放課後はゼミの三田論のための新聞記事の調査をした。段々と打ち解けて来た感じ。ゼミ代からゼミ説を頼まれた。

似たもの同士?

ボーカロイドは機械っぽいっていう批判はありうるとは思うんだけど、テクノみたいに人間の声をわざわざ機械っぽくするジャンルがあるわけだから、何もおかしくないと思うんですよね。

だからテクノポップ好きだのヤスタカスキーだのって、ボーカロイドと相性悪くはないんじゃないかと思うこの頃です。にしてもあわあわpのカナリアが良曲過ぎてやばい。

ブログ再考

昔しょこたんとかが死ぬほどブログをやっていたのが話題だったけど、やっぱりあの時期一般人が使えるサービスとしては、ブログかホームページくらいしかまともなWebサービスがなかったからかなあと思う。

例えばブログをメモ代わりにってのもEvernoteで良くなったし、気になったネタをクリップするならTumblr.で良くなったし、ちょっとしたコメントはTwitterで良くなった。そう考えるとブログが段々と長文を書くスペースとして純化?されてきているのかなあと。毎日長文書くわけにもいかないから、そう考えるとあまり更新されなくなるのももっともだよなーと思う。